コンプライアンス

コンプライアンス体制

法令および社会規範を守り、倫理性を高く保って事業活動を行うことは、企業が社会的責任を果たしていく上で最も基本的な事項のひとつです。リバーグループはコンプライアンスを経営上の最重要課題のひとつと位置づけ、経営トップの強い意志のもと、グループ全体が未来にわたり継続する組織になるよう、様々な取り組みを行っています。

スズトクホールディングス コンプライアンスロゴ

このロゴマークは、リバーグループのコンプライアンス シンボルマークとして、「はかり」をイメージした人が、ふたつの「鈴」を持っている姿をデザインしています。
経済性(E)よりコンプライアンス(CO)を重要視する方針と、ECO事業を通じて社会に貢献していく使命感を全ての社員が共有し、ふたつのECOに鈴の音色が共鳴していく——そんな想いを込めて作成しました。

コンプライアンス推進体制の構築

リバーグループでは「内部統制委員会」を四半期ごとに開催しています。この下部組織である「コンプライアンス委員会」は、教育プログラムの立案や行動規範の周知を行うなど、コンプライアンス推進計画の策定を担当します。また、各社から「コンプライアンス担当者」を選任し、委員会と連携して社員の相談窓口や調整業務を行っていきます。

方針・行動規範の制定

全社員の判断や行動の原点となる「リバーグループ企業理念」の他に、「コンプライアンス方針」「コンプライアンス行動規範」を全社共通で定めています。リバーグループがお客さまに選ばれる総合リサイクル業になるためには、これを守り続けることが重要であると考えています。コンプライアンス方針には、収益性よりコンプライアンスを重視する企業姿勢を明確に示しています。

(コンプライアンス方針:PDFクリック)  (コンプライアンス行動規範:PDFクリック)

教育プログラムの実施

コンプライアンスを社内で徹底するには、「魂」とも言える社内教育を行うことが重要です。いくら仕組みをつくっても、社員全員がコンプライアンス遵守をきちんと実践しなければ「仏作って魂入れず」になってしまうからです。リバーグループでは、「なぜコンプライアンスが大事なのか」を全社員がしっかりと理解するため、管理職研修やEラーニングを実施しています。

周知活動の実施

社員一人ひとりの倫理観の醸成のため、「企業理念」「コンプライアンス方針」「コンプライアンス行動規範」を掲載したカードを配布し、社員がいつでも確認できるようにしています。
また、コンプライアンス違反事例を共有するために、コンプライアンス担当者が社員に説明会を実施しています。事務職だけでなく、現場職やドライバー職を含め、全ての社員に周知を徹底することを目指しています。

内部通報制度の確立

リバーグループでは企業活動に伴うリスクの早期発見を促進し、重大な問題を未然に防止するため、内部通報制度を導入しています。メールや電話、面談などにより、社内窓口(内部監査室)と社外窓口(顧問弁護士)に全ての社員が通報できる体制を整えました。
社内の不正・コンプライアンス違反案件全般、ハラスメント問題など、受け付けた全ての通報案件は、規程の定めに従って内部通報窓口から経営トップに報告するとともに、事実確認の調査を行い、適正な対応を行います。その際には、通報者保護のため匿名性を確保し、いかなる通報・相談であっても通報者が不利益を被らない対応を約束しています。

内部通報制度

PAGE TOP