ニュースリリース

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参画しています!!

リバーホールディングスは、一般財団法人日本環境衛生センターの下、幹事会社として「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参画しています。

<プロジェクト概要>

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で必要になる約5000個の金・銀・銅メダルを、全国各地から集めたリサイクル金属で作るという東京2020組織委員会主催の国民参画型プロジェクトです。天然資源が乏しいと言われている日本には、ゴミとして大量に廃棄される小型家電の中に存在するレアメタルなどの資源が回収されずに埋もれています。その資源は、都市鉱山と呼ばれていますが、本プロジェクトは、都市鉱山から金・銀・銅メダルをつくることで、持続可能社会の仕組みをつくる取り組みです。

本プロジェクトに関するWebサイトはこちら
小型家電リサイクル法についての環境省WEBサイトはこちら

当社は、小型家電リサイクル法が施行された2013年の同年8月に、小型家電リサイクルの認定事業者になりました。使用済小型家電から金属資源を回収する工程は、天然鉱山から金属資源を採鉱し製品をつくる場合と比較してエネルギー消費量やCO2排出量が少なく、また採鉱に伴う環境負荷も発生しません。また、最終処分場に廃棄されるゴミの減量にもなり、最終処分場の寿命を延長する効果も期待されています。当社は、あらゆる持続可能社会の仕組みをつくることで廃棄物処理業・資源リサイクル業の発展に寄与し、高度循環型社会形成のために、静脈産業のメジャーとなる企業を目指します。

PAGE TOP