REVERコラム

スズトク広報担当 ごあいさつ

スズトクWeb担当

資源リサイクル・廃棄物処理業スズトクの広報担当です。広報担当の視点で仕事のこと、会社のことを綴っていきます。よろしくお願いします。

 

廃棄物処理・資源リサイクル業 広報課

当社では、Web製作から更新まで、全て自社で行っています。私たちの業界では、めずらしいことではないでしょうか。社内でも、具体的には何をやってるの?とよく聞かれます。Webの他にも、グラフィックソフトを使用して、広報紙を作ったり、動画を作ったり、社内資料を作ったりしています。あまりにも業務が多岐に渡るので、友人に仕事内容の説明をするときには、クリエイティブな仕事全般!と言うようにしています。

 

スズトクが目指していること

当社の前身である鈴徳の創業は1904年、今年で114年目を迎えます。2015年、スズトクグループでは中長期計画を策定し、新たなスタートを切りました。長年にわたり、廃棄物処理や鉄スクラップを通して資源リサイクル事業を展開してきた事業基盤を価値と捉え、静脈メジャーになることによって廃棄物の100%再資源化を実現し、高度循環型社会の大きな受け皿となることを目指しています。

 

その中で、Webを始め、広報紙環境社会報告書など、様々なコミュニケーションツールを使用して、当社の活動や想いを発信していくことが私の仕事です。私は今の仕事が楽しくてたまりませんが、あらゆるコミュニケーションツールを作る過程では、その意図を汲み取れなかったり、想いが伝わらない時には、何の共感も得られない上に「そんなコトを言った覚えはない」と相手を一瞬でがっかりさせるコトも日常茶飯事です。

 

私が大切にしていること

それでも仕事に価値を感じるのは、モノ消費からコト消費への変化という、大きな時代の変化の真っ最中の今、クリエイターと言う存在がとても大切だと感じているからです。曖昧なコトを形にするまで落とし込めているか。多くの人が認識できるように具現化できているか。仕事では、この視点を大切にしています。

 

人は、そのモノの価値に共感するからこそエネルギーが生まれ、そこから何か新しいコトに繋がっていく。当社が目指している和製静脈メジャーが、多くの人に共感していただけるように、広報担当の視点から、様々なコラムを書いていきます。コラムに対するご意見はお問い合わせフォームよりお寄せくださいませ。

お問い合わせする

 

鉄くず小僧もコラム書いてます!

関連記事一覧

PAGE TOP