リバーグループの特長 1

リサイクルの流れ

多くの自治体で行われる選別作業よりも、
より細やかな選別を通じて、より多くリサイクルを実践しています。

リサイクルの流れ

認定事業者は、市町村経由、または市民から直接回収した小型家電を、国の認定を受けたリサイクル方法で処理します。
当社が受け入れた小型家電は、種類に応じて、手解体、破砕、多様な機械選別を経て、有用資源を種類ごとに取り出します。その際、フロンガスや粉じんが環境中に放出されないように処理し、有害ガスが発生しかねない加熱や焼却処理も行いません。
もちろん、個人情報の含まれるもの(携帯電話、パソコンなど)については情報の漏えい防止対策を施した上で厳重に管理し、破壊処理を行います。

リサイクルの流れ全体図

選別された素材例

プラスチック
プラスチック
アルミ
アルミ
金銀銅滓
金銀銅滓
基板
基板
ミックスメタル
ミックスメタル
真鍮
真鍮

リサイクル実績

平成29年度実績(平成29年4月~平成30年3月) 9,036,788kg
平成28年度実績(平成28年4月~平成29年3月) 9,341,055kg
平成27年度実績(平成27年4月~平成28年3月) 8,530,611kg
平成26年度実績(平成26年4月~平成27年3月) 3,479,780kg
平成25年度実績(平成25年8月~平成26年3月) 662,022kg
横にスライドして全体を確認する

市町村経由の回収だけでなく、回収方法を多様化してより一層の小型家電のリサイクルを幅広く展開していきます。