コーポレート・ガバナンス

リバーグループは、株主の皆様やお客様をはじめ、取引先、地域社会、社員等の各ステークホルダーからの信頼確保並びに企業価値の持続的な向上のため、経営の健全性、透明性および効率性に加え、企業活動における企業倫理と法令遵守に基づく行動を常に意識し、コーポレート・ガバナンスの強化充実に努めています。

コーポレート・ガバナンス体制図
コーポレート・ガバナンス体制図

内部統制委員会

リバーグループの内部統制の構築を目的として各委員会を統括し、コーポレート・ガバナンスに関する重要事項について報告、協議、方針決定を行います。決定事項は代表取締役を通じて、リバーホールディングス全組織に通達されます。

コンプライアンス委員会

内部監査室と連携してリスク情報を収集し、不祥事等の未然防止・再発防止に向けたコンプライアンス教育プログラムの策定を行います。また、事案発生時には、対応・改善策のとりまとめ、内部統制委員会への報告、社員への啓発活動を行います。

リスク管理委員会

リバーグループ内の事業活動におけるリスクを洗い出し、PDCAサイクルを通じて必要なリスク対策を検討します。

J-SOX委員会

「財務報告に係る内部統制報告制度(J-SOX)」に対応した内部統制構築を目的として、業務プロセス改善の検討、ルール文書化の指揮、現場への業務変更の伝達と運用管理などを行います。

情報セキュリティ委員会

情報セキュリティポリシーのPDCAを行います。
また、情報セキュリティ上の課題報告と対策案の検討、社員への周知・浸透、IT統制への対応策の検討などを行います。